inimg
  • 会社案内
  • ご注文について
  • お問い合わせ
  • いきいき通信バックナンバー
  • 宅配注文はこちらから
  • 通販注文はこちらから
  • こんしゅうのPickUP!農家
  • あいのうブログ
  • 今週のレシピ
  • リンク

いさむ・ポーク

磯貝親子

代表者

磯貝 勇

農産物

豚肉類

生産地

愛知県西加茂郡三好町三好

磯貝 勇さんからのメッセージ

より安全な豚肉を求めて...  養豚の世界も機械化が進み、コストダウンのため豚にとって不必要なものまで配合された飼料、肥育期間の短縮化などによって豚肉の味、日もち、栄養など、すべてを狂わせてしまいました。抗生物質、酸化防止剤なども増加の一途をたどり、薬物に頼らざるを得ないのが昨今の養豚業の現状です。  現代では神話と化した感のある無農薬・無投薬農法、しかしこれは困難で手のかかることではあっても、けっして不可能ではありません。また、こういった飼育法でなくては家畜がもちませんし、ひいては人間ももたなくなってしまいます。  そういった養豚業の現状から脱却するため、炭や酢、バクテリア等を利用することにより薬品を使用せず、畜舎全体の環境作りからとり組んで健康な豚の飼育、本来あるべき姿の豚肉作りをしています。  しかし、ただ単に抗生物質を投与しないというだけでは、微生物バランスの狂いを調整して生理的なバランスをとり戻すには長い時間を要します。もとはといえば人間が畑を耕したり、家畜を飼ったりすること自体が不自然なのですから、それを補う必要があるわけです。わたしの場合には自家製配合飼料、炭素埋設による磁場とイオンの調整等によってこの間題に対処しています。抗生物質の投与を無くすために発酵飼料を作り、炭と酢を利用することで消化器館内の悪性菌の発生を押さえています。また環境全体に関しても酢による殺菌法で、消毒薬は使用していません。  わたしたち百姓は医者以上に人の命を預かっている、という諺以上に地球の生命を預かっている、これがわたくしたちの基本的な考え方であり姿勢です。

 

生産物情報

自家製発酵飼料を与えることにより、アミノ酸の強化とミネラル・バクテリアのバランスの適正化を図っています。  飲み水は“生物活性水”を与えています。  抗生物質はもちろんのこと、消毒薬も使いません。