inimg
  • 会社案内
  • ご注文について
  • お問い合わせ
  • いきいき通信バックナンバー
  • 宅配注文はこちらから
  • 通販注文はこちらから
  • こんしゅうのPickUP!農家
  • あいのうブログ
  • 今週のレシピ
  • リンク

2019年43号 アイ農ing

アイ農ing                    前田 順
「あいたま」のこだわりを紹介 その①
あいのう生産者が育てた鶏の卵でケージと平飼いが有ります。
【餌】「魚粉」は混ぜ物無し!魚粉と言えば魚を(タラ・さんま・ニシン)ボイル→乾燥→粉にした物です。しかし昨今の漁獲量不足でコストを抑える為、一般的に流通される魚粉の中にはポークミール・チキンミールが混ざった魚粉があると聞きます。あれ?チキンミールって鶏の事?共食いじゃないですか・・・。もちろん愛農の鶏には使っていません。
「自家配」とは、吟味した餌を単味で取寄せそれを自分の所でブレンドする事で、鶏の体調に合わせて配合を変える事です。
「PHFコーン」トウモロコシ・大豆粕にポストハーベスト(収穫後の農薬をかけていない)や、遺伝子組換え技術を使わない。最近では「ゲノム編集」と言った怪しい技術が出てきて安全への心配は絶えません。
【鶏種】主に赤い羽根の鶏は体が大きくて体力が有り丈夫です。飼育するのに余分なエネルギーや薬なども使わないで飼う事が出来ます。効率が悪く、コストはかかりますが「あいたま」を利用頂くと自分の体や環境に配慮する事になります。