inimg
  • 会社案内
  • ご注文について
  • お問い合わせ
  • いきいき通信バックナンバー
  • 宅配注文はこちらから
  • 通販注文はこちらから
  • こんしゅうのPickUP!農家
  • あいのうブログ
  • 今週のレシピ
  • リンク

2019年24号 くらしの情報

くらしの情報                  宮代 佐吉

私事で恐縮ですが

私は現在60代半ば。年を重ねるに従って小さかった黒子(ほくろ)が目立つようになったり、気になるイボ(妻曰くお迎えイボ)ができてきました。近くの皮膚科(女医さん)に相談したところ「本当だね、取ってあげる」と簡単に言われ、幾つか取ってもらう事にしました。イボや黒子にレーザー照射し焼いてしまう方法です。当日、施術前にベッドで横になっている私の顔を覗き込んだ先生は「宮代さん、よく見ると小さいのも幾つかあるから一緒に取っておくね」と言われ、1つ1つに麻酔の注射を打ち始めました。これが結構イタイ。歯の治療の際、歯茎に麻酔の注射を打たれた経験のある人がみえると思いますが、同じような痛さです。ただ本数が多い分だけ辛い。レーザー照射は最初の内ほとんど痛みを感じなかったのですが、数が多かったせいでしょうか徐々に痛みが増し、終りの方はすっかり麻酔が切れているのではないかと思われるほど痛かった。ある日、ボランティア仲間の先輩が「最近こういうのが気になるんだけど、宮代さんは無い?」と顔のシミや黒子を指さしました。私が自分の経験を話すと「本当?いい事聞いた。行って来るわ」と。1ヶ月程して「昨日やってもらってきた」と言って、傷跡も生々しい顔を見せに来た先輩は「本当にこれできれいに治る?」と心配そうでしたが、1ヶ月もすると傷跡も分からない程きれいに治っていました。この話を聞いていた他の先輩も「私も顔のこれが気になっているんだけど、取ってくれるいい所がある?」と、強い関心を示していました。男でも、高齢者でも、顔のシミや黒子、目立つイボなどはみんな気になっているんですね。実は私、最近ヒゲの永久脱毛をする羽目になってしまい、同じ皮膚科に行って1度やってもらいました。(2~3回やらないと全部は終わらない)これが予想外に悲惨な目に。2度目を躊躇しているところです。